サイトアフィリで物販を成約させる2つのポイントとは?

こんにちは、水瀬です^^

 

今回は物販アフィリについて書いていきますね^^

 

まず多くの人が勘違いしているポイントなのですが

 

「役に立つ記事さえ書いていれば報酬が上がる」

 

という考えの人が結構多くいるんですが
それは大きな間違いだったりします。

 

以前の記事とかでも悩みを解決して商品に誘導すれば
収益が上がるという話も少ししましたが、より大きく稼ごうと思うのであれば
ただ単に悩みを解決するだけ・・・となると1つのサイトで
売り上がる収益って結構限られてくるんです。

 

つまり何が言いたいかというと
「あなたから買いたい!」と思われるようにサイトを構築していかなければ
大きい金額を稼ぐというのはかなり難しくなってくる話です。

 

簡単に言うとサイトにファンをつけるということですね^^

 

大きく長く稼ぐ方法とは?

 

image31

 

情報発信を淡々とするのも一つなんですが
大きく長い間稼ごうと思うのであれば、サイトにファンをつけることは
確実に考慮するべきだといえます。

 

どうすれば、サイトにファンなんかついてきてくれるんだよ!って所ですが
いろいろとテクニック的なものもありますが
まずは人間臭さを感じさせるというのが、一つですね^^

 

人間臭さというと臭いじゃなくて
読み手に対して共感やユーモアを感じさせたりとかですね 笑

 

濃い情報でもウィキペディアのように淡々と
情報を羅列しているだけでは、情報自体が面白いと思うことはあっても
サイトが面白いからまた来よう!とはならないわけです。

 

情報”だけ”が武器になってくるとより濃い情報を書いている
サイトに流れていってしまうのは当然の話です。

 

だからこそ、読み手には必要な情報を伝えるとともに
サイトのファンになってくれるような工夫が必要になってくるわけですね。

と言うわけでサイトにファンをつけるためのポイントをいくつか
紹介していきますね^^

 

サイトにファンをつけるための2つのポイントとは?

 

まずはどこか以前も伝えたと思うんですが
「文章は話し言葉で書く」というのは最低限意識するべきポイントといえます。

 

いくら役に立つ情報を発信していようが、文章が無機質なものだと
読んでてあまり面白くないんですよね^^;

 

具体的にいうと語尾が–です。–です。と淡々と続くと
同じ情報でも、ひじょーにつまらない文章になります 笑

 

目の前に人がいると考えればやりやすいと思いますが
現実でも何か淡々と説明口調で語る人っていますが
なんかあまり関わりたくないじゃないですか 笑

 

ただネット上だと相手に表情で愛嬌を振りまくことはできないので
ちょっとオーバー気味に話し言葉で伝えるくらいの方が
文章に味が出て面白く感じるんです。

 

続いては、「自分の意見、主張、体験談を盛り込む」
と言うところですね。

 

人間正しい情報とわかっていても他人の同意を得たり
自分の意見が正しいことを他人に共感してもらいたい
と言うような欲求が少なからずあるんですよ。

 

その証拠に少し検索すれば一発で解決することでも
わざわざヤフー知恵袋のようなサイトに投稿する人が
大勢いることをみれば理解できると思います。

あとは2チャンネルとかもそうですよね。

 

正直情報の質的にはかなり微妙なものが数多くありますが
それでも他人の意見を聞きたがるのは
ただ単に情報を得たいというよりも
他人の意見や体験談などリアルな声が聞きたいと言うのが
本音だったりしますからね^^

 

情報が濃い情報であれば、のめり込むように
読んでいくこともありますが、それってあくまでも情報が
濃いからのめり込んでいるからであって
文章を読んでいて面白いから読み進めているというのとは違いますよね?

 

情報が濃い=面白い

 

と言うわけではないということです。

 

もう少し具体的にいうと芸能人のブログとかあるじゃないですか

あれって正直役に立つ情報が発信されているか?と言えば
かなりビミョーですよね。

 

「今日まつエクつけた~」なんて超どうでもいい情報でも
芸能人というキャラが発信しているから面白く感じるわけです。

 

僕らはあくまで一般人で芸能人レベルのブランディングは
難しいものがありますが、それにしても
自分の意見があり情報発信しているサイトと
ただ淡々と情報を発信しているサイトでは収益にも天と地の差が出ますからね。

 

たとえばこのようなトレンドを扱うノウハウでさえ

⇒ネットビジネスの入門的ノウハウ
ただ淡々とニュースをアップするサイトと自分の意見も
しっかり発信しているサイトとでは、アクセスなんかも全然変わってきますからね。

 

最初はなかなか難しいと思いますが
情報発信しながらも”キャラ出し”というのは意識してみてくださいね^^

 

それでは水瀬でしたー

 

おすすめの記事