記事が圏外になってしまう原因は?

どうもこんにちは。

 

水瀬です^^

 

 

よくある、お問い合わせの中で

「せっかく書いた記事が

いつの間にか圏外になっているのですがどうしてでしょう?」

こんなお問い合わせもよくあるんですね^^

 

確かに、せっかく汗水たらして(?)書いた記事が圏外に吹き飛んだら

かなりガッカリしますよね^^;

 

まさにこんな感じw↓

3612d55c759908bf6b528d3c82431461_s

 

 

 

 

なので、今回は記事が圏外に飛んでしまう原因を

テーマに書いていこうと思います。

 

作りたてのサイトの場合

 

サイトを立ち上げたばかりの場合は「サイト自体が弱い」ので

なかなか上位に表示されない場合が多いです。

 

特にワードプレス等の独自ドメインの場合はサイトの力を付けるのに

かなり時間がかかるので、最初の内は上位表示を意識しないで

コンテンツを充実させることに、意識を向けたほうがいいですね^^

 

最初のうちは、ここが乗り越えられなくてかなりの人が挫折します。

 

無料ブログを使っている人の中で

「最初は上位表示されていたのですが?」という方もいると思いますが

 

サイトが作りたての場合は、サイトに人が訪れても

コンテンツが、あまり無いので

必要な記事を見たら、すぐに閉じられてしまうというケースが考えられます。

 

Googleからしたら、すぐに出て行かれてしまうサイトは

 

このサイト役に立たないんじゃね?!となって

 

「価値のないサイト」と認定されてしまうので

最初は上位だったが、だんだん順位が下がってしまう場合があるので

 

最初はそこまで順位にこだわらず、充実したコンテンツを詰めていくようにしましょうね^^

 

グーグルからペナルティを食らっている!

 

もうひとつの可能性はGoogleからペナルティを食らっている

可能性があります。

 

ペナルティの対象となるのは

 

・価値のないコンテンツ

・不自然な被リンク

 

一つずつ説明すると、価値のないコンテンツとは

他のサイトをコピーしたような、サイトだったり

キーワードに引っ掛けたいからと、不自然に同じキーワードが連発してたり

すると「あなたのサイトは低品質です」とGoogleから認定され

圏外に飛ばされてしまうのです。

 

グーグルからしてみれば、役に立たないコンテンツが

上位に固まっていたら、Google自体が無価値になってしまうので

他のサイトを丸パクリしたようなサイトが飛ばされるのは

当然といえば、当然ですけどね^^

 

ズルをしないで、検索者の役に立つように記事を書くということです。

 

 

不自然な被リンクはその名のとおり

不自然な被リンクがあると、ペナルティを喰らいますw

 

アクセスが対してないのに、いきなり膨大な数の被リンクを受けていたり

被リンクが欲しいからと、ペラペラのサイトを量産して被リンクを送ると

 

Googleからしてみれば、「こいつズルしてるな?!」となって

圏外に吹き飛ばされてしまうという訳ですね^^

 

ある程度稼いでる人が飛ばされる場合は

こちらの方が多いですね

 

まあこちらの場合は

「Googleにバレなきゃいい」んですけどねw

 

あんまり、調子に乗ると即吹き飛ぶので、自己責任でって感じでw^^

 

結論から言ってしまえば、ズルを(あんまり)しないで、読まれる記事を書け!ってことです。

 

それでは参考までに^^

おすすめの記事