綺麗なサイトが儲かる?見やすいサイトが稼げる理由とは?

こんにちは、水瀬です^^

 

サイトを作成する段階において、どうせなら綺麗なサイトを作りたい!
と思うのが普通だと思うんですよね。

 

何となく記事を増えてくれば愛着が沸いてくるので
ガッツリ気合入れて企業みたいなサイトを作ろう!と
意気込む人も中にはいるようです 笑

 

ただ、最初に伝えておかなければ鳴らないのは

 

綺麗なサイト=収益が出る

 

と言う図式は大変大きな間違いなんですよ^^

 

これについて今回はちょっと解説していきますね。

 

綺麗なサイト=儲かるは間違い?!

 

image30

まだアフィリで収益が出ていない人からすると
もしかして自分が収益が出ていないのは

 

「サイトが綺麗じゃないからではないか?」

 

このように考えてしまうパターンって結構あるんですね。

もちろん、汚なくて読みづらく装飾も無いような
記事は論外と言えますが、ぶっちゃけ綺麗なサイトじゃなくても
ポイントさえ押さえていれば、十分に収益なんて出せるんです。

 

読みやすく、読み手にしっかり情報が伝わりさえすれば
Okなんです。

 

自分が検索する時なんかに意識してみてほしいのですが
結局記事を読み進めるか進めないか?って
サイトが綺麗かどうかよりも、記事の内容が濃いものなのか?
で読み進めていくと思うんですよ。

 

確かにサイトがパッと開いた瞬間綺麗なサイトであれば
「おっこのサイト綺麗だな」と感じますけど
記事の内容がコピペみたいな内容であれば
綺麗さに関わらず、即離脱しますよね?

 

逆に個人サイトのような所でも
大手のサイトには載っていない濃い情報があれば
例え綺麗でなくても読み進めていくといった経験は
誰でもあると思うんですよ。

 

記事を読み進めるか否か?はサイトがどれだけ綺麗かに
かかっているわけではなく、中身次第という事です。

 

あっだからと言って、内容が良ければ文字の装飾やサイトの構成が
テケトーでいいというワケじゃないですよ^^;

 

あくまでも最低限見やすいユーザービリティを意識すれば
超綺麗なサイトを目指さなくても大丈夫という事です。

 

具体的に少し上げると

・文字の装飾や改行

・ヘッダーの設定

・サイドバーのメニュー

・グローバルメニューやサイトマップの設定

 

かなりザックリですが、つまりそのサイトがどのような
目的のサイトで、どこに何があるのか?
読みやすい文章(装飾など)なのか?

 

この辺りは最低限意識しないとダメなポイントです。

 

現実のお店なんかでもそうですが
何を売っているお店で、どんなメニューがどんな価格なのか?
この辺りはハッキリ分からないと何となく行きたくないですよね^^

 

サイトやブログもこれと同じでどこに何があるのか?
どんな目的のサイトなのか?がハッキリしていなければ
すぐに離脱しちゃうんですね。

 

サイトやブログだと相手の顔が見えないからか
見栄えを軽視する人も多くいますが、他人に読んでもらう以上
最低限の見栄えは保ちましょうという事です。

 

そしてよくある質問のなかで
「有料のテンプレートは使うべきですか?」
と言うような質問も結構いただくんですね。

多いのは以下の物ですが

鉄板テンプレート賢威7とは?

無料ブログ用テンプレートの王道はこちら

 

有料のテンプレートさえ使えばガンガン上位表示されるか?
と言えばそんなことはもちろんないですが
無料の物よりも断然、ユーザービリティが向上しますので
PVや滞在時間などは確実に増えると言えます。

 

無料の物も数多く使いましたが
やっぱり無料の物って無料臭さがどうしても残るし
SEOの面に関しても弱いというのは否めませんからね^^

 

有料の物はやはり有料なだけあって
カスタマイズ無しでも、ただテーマをアップしますし
相当見やすいサイトに仕上がるのでビジネスとして
長く続けるのであれば、有料の物は確実に導入するべきと言えます。

 

もちろん見栄えよりも中身が重要なのは当たり前ですが
慣れていない間は初心者さんが記事の内容で引き込むのは
難しい面もあるので最低限の見栄えは重視するべきといえますよ^^

 

それでは、少し参考にしてみてくださいね。

水瀬でした^^

おすすめの記事