ブログの記事が書けない時の対処法とは?

こんにちは、水瀬です^^

 

実は先日、このような質問が届いたんです。

「記事を書く際に、リサーチするのはわかったのですが

いざ書こうとすると、PCの前で手が止まってしまうのですが

どうすればいいでしょう?」

 

リサーチをして、自分の中に情報をインプットしてアウトプットする

という部分については理解しているものの

いざ、記事書く!となると手が止まる人も、多いのでは?

と思ったので取り上げてみます^^

 

ブログの記事が書けないときは・・・

きじい

 

 

ブログの記事が書けない、というとあちこちで

「起承転結を意識してどうのこうの」とか「常にネタ帳を持ち歩く」とか

書かれていますが、記事が書けないという人はノウハウ云々ではなく。

 

リサーチして得た情報をどうやって文章に起こすのか?

つまりインプットした情報をどうやって自分の言葉でアウトプットするか?

この部分で躓いてしまう人が多いと感じますね^^;

 

 

これに関して言えば、”文章の書き方”や”コピーライティング法”を

学ぶのではなく自分が書こうとしているネタと

同ジャンルのライバルサイトを参考にしていくという事です。

 

現実ビジネスに置き換えて欲しいのですが

自分がもし何か店をだす、となった時に同業他店の

偵察を全くしないで、お店をだすなんて無謀なことはしないはずですよねw

 

少なくとも、ライバル店に行ってどんな商品を扱っているのか?

お店の規模は?値段設定は?サービス内容は?集客方法は?

この辺は確実に押さえておくはずです。

 

ネットビジネスもこれと同じで手が止まってしまったら

ライバルを徹底観察してみよう!という事です。

 

今回は記事が書けないということなので

トレンド系に関して書いていこうと思うのであれば

ほかの人のサイトの同じジャンルのサイトを見て

 

記事ネタの収集と同時に、どうやって記事を書いているのか?

について、じっくり観察していくというわけですね^^

 

自分の中で、この記事おもしろいなと感じるものがあれば

どのような記事タイトルなのか?文章構成は?ネタの掘り下げ方は?

画像はどのタイミングで使っているのか?見出しタグの使い方は?

などなど

 

他にもありそうですが、気になる記事があれば舐め回すように観察しろ!w

という事です^^

 

面白い、見やすい、役に立つと感じるのには

必ず理由があるはずです、自分なりに分析し

記事の”書き方”もインプットしていくということです。

 

掘り下げることができないという場合には

記事内に出てくるキーワードから

自分の疑問に思った部分を掘り下げていく、視点を変える

という事を意識すれば、記事を書けるはずです。

 

具体的に言えば、〇〇と〇〇が結婚!をネタで書くとすれば

〇〇と〇〇が結婚したという事実を並べるだけではなく

自分がその記事を読んで、気になった部分について掘り下げていくという事です。

 

〇〇と〇〇はどこで出会ったのか?

〇〇と〇〇の交際期間は?

〇〇の以前の交際歴は?

妊娠はしているのか?

など

 

このように1つのネタからいくらでも

芋づる式にネタを引っ張ることができるはずです。

 

自分が疑問に思うということは、必ず他にも疑問に感じている人が

いるはずですので、需要はあるはずです。

そして、ネタが決まればググってまた情報を収集する。

 

これを繰り返すことで、より濃厚な記事を書けるはずですので

記事が書けない!という方は、参考にしてみてくださいね。

 

それでは、水瀬でした^^

おすすめの記事