ブルーオーシャン市場はあるのか?ネットビジネスでは?

おーしゃん

 

こんにちは、水瀬です。

 

今回はブルーオーシャン市場なんてものは本当にあるのか?

という点について、触れていきたいと思います。

 

 

というのも、ちょうど先日検証したこちらのオファーでもそうなんですが

いわきのポケットビジネスの正体とは?

 

 

高額塾のセールスレターの煽り文でやたらと

「ブルーオーシャン市場だから誰でも稼げます!」

みたいな煽り文ってめちゃくちゃよくあるんですね^^;

※ブルーオーシャン市場=殆ど誰も参入していない、独占して稼げる市場

 

 

ただ、冷静に考えてみれば

誰も参入していなくて、美味しい市場を本当に見つけたと

いうのであれば、赤の他人に教えるのではなく

身内や仲間内で独占して稼いだほうが、何倍何十倍も

長い間稼ぎ続けることができるはずです。

 

 

いくら塾の費用を高額に設定しようと

本物のブルーオーシャンであるならば赤の他人に教えるほどの

デメリットはないはずです。

 

 

ではなんでブルーオーシャンをわざわざ教えてくれるのか?

と言えば、「そもそも、稼げる市場でもない」か

ただ商材を売りたいがために、煽っているだけ・・・というのが

実情なんですね。

 

 

そもそもブルーオーシャンだからという理由だけで

稼げるというのであれば、逆に言えばライバルが増えてくれば

稼げなくなるとも言えるはずです。

 

別に自分たちだけで独占して稼いでいればいいだろ

と思うかもしれませんが、本当に稼げる美味しい市場であるならば

100%ライバルは嗅ぎつけてきますからねw

 

 

というかセールスレターでブルーオーシャンです!と

不特定多数に発信している時点で

それってブルーオーシャンなの?って感じだし

 

 

 

スキルがある状態でブルーオーシャンに参入しているのであれば

後発組と差をつけることも可能ですが、スキルもない状態で

参入したところで、あっという間に後発組に追いつかれることは

目に見えていますからね^^

 

本当に稼げる、未開の市場であるならば

自分たちだけでこっそり稼ぐでしょ・・・ってところですねw

 

ブルーオーシャン症候群とは?

 

ブルーオーシャンについていろいろ調べてみたら

日本人は”ブルーオーシャン症候群”という病が流行っているのだそうですw

要は「未開拓で楽勝で参入できる、市場があると信じ込んでしまう病」

 

「ブルーオーシャン症候群」とは、密かに日本企業に蔓延する病である。

その症状には以下のようなものがある。

 

自社事業とは遠いところに、競争が少なくて儲かる事業領域があると信じている

そしてその事業領域は楽勝で参入できると思っている

よって、少人数、少額、短期間で新規事業が創出できるべきだと思っている

結果として(実は当たり前に大変な)新規事業創出に本腰が入らない

 

これって結構ノウハウコレクターにも通ずるものがあると思うんですよね

 

本来努力して乗り越えなければいけないのに

「もっと楽に稼げるノウハウがあるのでは?」と努力することに目を背けて

あちこちノウハウを渡り歩き、結局何も残らない・・・

 

このパターンは割とよくあるんですね^^;

 

なかなか成果がでていなかったりすると

稼いでいる人は自分の知らない、裏技的ノウハウがあるのか?と

考えてしまいがちですが、今現在稼ぎ続けている人は

それなりに苦労を積んでいる人が殆どです。

 

ブルーオーシャンで稼ぐのも一時的にはいいのかもしれないけれど

それって結局市場に”依存”して稼いでるだけなんですね。

 

どこかでも書いたと思うんですが

何かに依存して稼いでいると、その何かがダメになった時に

一気に崩れてしまうんです。

 

 

デカイ顔して「楽勝で稼げます」と謳っている人ほど

実は何かに依存して稼いでいただけで

いつの間にか消えていたりしますからね。

 

やっぱり、ネットビジネスで稼ぎ続けると言うのであれば

何かに依存し続けるのではなく

最低限自分で稼げるスキルを身につけるべきです。

 

稼げる軸が自分以外の所にあるのと

自分自身が稼げる軸というのでは大きく変わってきますからね。

 

それでは、水瀬でした^^

 

本当に稼ぎ続けるのであれば、稼げるとわかっているノウハウの中で

自分の色を出していくほうが、結果も見えてくるはずです

 

最も成果の声を頂いているノウハウ

冗談抜きで、最近成果の声が多いノウハウ

参考にしてみてくださいね^^

おすすめの記事