ハローワークがブラック企業の門前払いに乗り出した件

こんにちは、水瀬です

 

ヤフーニュースを眺めていると、ちょっと気になるニュースが

あったんですよね。

 

ブラック企業2

(それにしても酷い学生だなw)

⇒http://news.yahoo.co.jp/pickup/6185482

 

 

以前からハローワークの求人はブラック企業の求人で溢れている

なんて話もあちこちで、聞かれたりしましたが

ついに、来年春からブラック企業に該当する企業の求人を

受け付けなくなるだそうで。

 

なんだか今更感が漂いまくりですが

昨今の大企業のブラックぶりが露呈してきたので

流石に放置することもできなくなったのでしょうか。

 

ただブラック企業門前払いするのは賛成だし

一向に構わないんですが、ザッと制度を見てみると

結構、疑問点もあるんですよね^^;

 

ブラック企業門前払い制度の疑問点

 

従来のハローワークでは企業が提出した求人は

原則として全て受け付けなければならない決まりだったんですね。

 

それが、今回の新制度から「ブラック企業」の求人は

受理しない、というものらしいんですが

このブラックの基準というのが結構微妙なところなんですよね^^;

 

そのブラック企業の対象となる企業というのが

違法な長時間労働や残業代未払などの違反を1年間に2回以上

労働基準監督署などから、是正指導された企業が対象となる。

 

というものなんですが、知っての通り

労働基準監督署なんて組織は、その根拠となるデータや資料などを

提出しないと動いてくれないくらい、腰が重い組織なんですよね。

 

ブラック企業で務めたことのない人からすると

「資料を提出して、訴えればいいのでは?」と思われるかもしれませんが

ブラックで働くと分かりますが、そんな暇もなければ考える暇すらないw

 

労基が自ら指導するなんてことは、ほぼありえないので

ブラック社員自ら声を上げないといけないのです。

 

ただ、タイムカードや給与明細すら設置していない企業も

ザラにありますし、「資料を準備する暇さえ無い」

と言うのがブラック企業の実態なんですよね^^;

 

どんなにハローワーク側がブラック企業を搾り出すといっても

そもそも、企業がブラックかどうか明るみにならないのが

問題なんですよね。

 

ハローワークがブラックかどうか判断するためには

指導されているかどうかで判断する、そして指導されるためには

社員が労基に密告する必要がある。

 

う~ん、どう見ても形だけの制度で終わりそうな

予感はプンプンしますね

 

そもそも、社員が自分の会社がブラックではないと

洗脳されているパターンがほとんどなんで

通報する可能性自体、かなり薄く感じますね^^;

 

 

そして、もう一つ引っかかったのが

”1年間に2回以上の是正があった場合”という点。

 

1年間に2回・・・ということは

一度是正があったとしても、そこから1年是正勧告が無ければ

ブラック認定されないんでしょうかね?

 

そもそもなんで2回アウト性なのかも意味不明ですよね。

労働基準法ってなんか軽視されがちですけど、違反しているということは

立派な法律違反で違法行為なはずです。

 

にも関わらず、1回の違法はお咎めなしで

2回目以降から問題にするというのもおかしな話だな~と

 

なんか世間が騒いでいるから、やっつけで考えたような

制度にしか見えないんですよね。

 

まだ制度が始まっているわけではないので

何とも言えませんが、この制度でブラック求人がなくなると

考えるのは期待薄かもしれませんね^^;

 

一応こちらも参考に

ブラック企業の長時間労働から抜け出す方法

おすすめの記事