ネットビジネスをやる時間が無い時の唯一の対処法とは?

水瀬です^^

 

ネットビジネスやりたいけど時間が無いって人もメチャ多いと思います。

大体時間が無い的なことを言うと

「時間の効率化を図る」「睡眠時間を削る」

的な事が挙げられますけど、時間の効率がどうのこうの言ってられないほど
時間が無い人もいると思うんですよね。

 

という僕自身も、このブログのテーマにある通り
ブラック企業勤めだったんで、朝から終電までなんてザラでしたし
時間の効率化も何もない!って環境だったので。

 

と言うことで今回は時間効率化も睡眠時間も削りようがない!

っという時間的に追い詰められている人向けに
時間が無いときの対策を書いてみますね。

 

まずは自分の自分を知ろう

 

以前から言っていることですが、最終的にはどのような道に進もうとも
自分のライティングで稼げるメディアを持つことが理想です。

 

と言うのも、ライティングさえ身につけば
例え万が一、サイトが吹き飛ぼうが、スキル自体がなくなることはないので
何度でも復活出来るし、いくつでも稼げるサイトを
立ち上げられるようになります。

 

ただ、ライティングって人によって、得意不得意があります。

 

なので、どうしても人によっては同じ教材で学んでも時間がかかる
場合もあるので収益が発生するまで粘り強く
ライティングスキルを磨いていけるかどうか?

で方針を決めれば良いかと思います。

 

スキルが少ないノウハウからまずは少額でも稼ぐ

 

僕がネットビジネスを始めた頃はネットビジネス=ブログ
ってぐらいなもんで、YouTubeアフィリすら存在しないほど
選択技も限られていました。

 

「文章が書けない?だったらネットビジネス辞めろ」

的なノリだったんですね 笑

 

ただ、今ってネットビジネスと一言で言っても
人のサイトをまとめ上げることで新しく価値を作り上げたり
文章不要でも普通に10万程度なら稼げるようなノウハウも
かなり出てきています。

キュレーションサイトで月10万~を目指すノウハウ

文章作成0のトレンドアフィリ戦略とは?

 

文章という文章をほぼ書かなくても稼げるので

「時間が無くて1日1記事もアップ出来ない」

「文章を書くのが苦手!」

「ライティング力を磨いているような時間が無い」

もちろん、人が作ったコンテンツをまとめるだけで
「一生稼ぎましょうや^^」とは言いません。

いつも言っているようにネットビジネスでは
まず少額でも稼いで自信をつけるってとこが
重要ポイントなんで、こういうまとめ系から始めるのも1つですって話です。

 

0円のまま何ヶ月も経つと精神的にも体力的にも
キツくなってきますけど、これが1ヶ月数万~とかでも
稼げるようになれば、精神的にメッチャ楽になります。

 

稼げるかどうか分からないままだとモチベーションは
続きにくいもんですけど、「自分で稼げる!」
って体験をすることで一気にモチベは上がりますからね 笑

 

最終的には自分のメディアで稼ぐ

これもいつも言っていることですが
最終的には自分のメディアを持って稼ぐ方向性は
視野に入れるべきですね。

 

自分のメディアって言うと情報系と勘違いする人も
いますが、別に情報系じゃなくてもOKです。

人の役に立つ濃いコンテンツのメディアをいくつか
持っているだけでも、月100万越え~とかも余裕で行けますし
1度ポイントさえ抑えれば、ぶっちゃけどんなジャンルでも
パターンって一緒ですからね^^

 

まとめ

 

時間が無くてライティングも苦手な人

⇒まとめ系やYouTube系などでまずは少額でも稼ぐ

キュレーション系まとめサイトノウハウ

文章0の新型トレンドアフィリ戦略

 

時間が無くてライティングは好きな人

⇒ライティングを活かせるノウハウで稼ぐ

王道中の王道教材

某半永久的に稼ぎ続けるジャンルのアフィリ

 

という感じで良いかと思います。

 

睡眠時間を削れ!と言う人もいますけど
個人的にはオススメしませんね・・・
僕自身最低8時間寝ないと、次の日の効率が
2割は効率落ちますし

睡眠時間削っても、良いコンテンツなんて出来るはずもないし
本職の方でもミス連発すれば、何もかもやる気がなくなるはずので。

 

では参考にしてみてください^^

サイトの売上を10倍以上伸ばす「当たり前」の戦略

ネットビジネス怖くて始められない3つの原因と心理とは?

「100記事書けばアクセスが集まる」は大嘘!アクセスアップの3大原則とは?

コメントを残す

サブコンテンツ

お問い合わせはコチラ



水瀬に問い合わせる!


些細な疑問でもOKです
気軽にご連絡ください^^

ネットビジネス初心者はこちらから

このページの先頭へ