ネットビジネスと現実ビジネスの違いは?

水瀬です^^

 

ネットビジネスと現実ビジネスの違いについて書いていこうと思います。

 

ネットビジネスと聞くとあまり現実では聞きなれないので

何か『特別なビジネス』と感じてしまいがちなんですが

本質的な所で言えば、現実世界のビジネスと何ら変わりないんですよね^^

(それ以前にネットビジネスも現実世界のビジネスなんですが)

 

ネットビジネスと現実のビジネスの違いって?

びじねす

 

 

ここでも少し触れましたが⇒アフィリエイトでやるべきこととは?

 

見込み客を集めて、情報を提供し価値のある商品を紹介して購入していただく。

これって言うのは現実世界のビジネスと何ら変わらないんですよね。

 

例えば何かお店を出す、となったら必ず集客はかけるし

お客さんに情報の提供は惜しまないだろうし

価値のある商品を提供することが

後々自分に帰ってくるというのは一緒ですよね。

 

家電量販店を例に挙げてみれば

 

集客⇒チラシやwebでの集客

情報提供⇒製品の特徴や他のものと比べて、何が優れてるのか?

商品価値⇒本当に優れている(と思われる)商品を紹介する

 

 

これをアフィリに置き換えて考えてみると

集客⇒キーワード選定、SNSでの拡散、動画での集客

情報提供⇒訪れた訪問者に対して、意味のある情報提供

商品価値⇒関連する商品もしくはアドセンス

 

 

こう並べてみると分かりますがネットビジネスでも、現実ビジネスでも

集客(アクセス)⇒情報提供(コンテンツ力)⇒価値ある商品の提案と

収益を上げるプロセスは基本的に変わらないんですね^^

(無論、具体的な手法はそれぞれ違いますが)

 

作業をしているのに収益が、なかなか上がらないという人は

それぞれに思考のズレがあるだけなんです。

 

たまに自分でも気になるニュースを検索してみて

特にトレンド系で多いのですが、一番感じるのは

「500文字書けと習ったから、とりあえず500文字埋めました」

と言わんばかりの記事がよく目立ちます。

 

ただ自分が稼ぎたいから、面白いこと書いてやろう!とか

一切考えずに、機械的に記事をアップしただけというものですね。

ニュース記事を読んで、リライトしてアップしただけみたいな^^;

 

これでは、誰が読んでも面白いと感じないだろうし

収益を上げるのは難しいはずです。

 

運良く、キーワード選定がうまくいけば上位表示されることも

あるでしょうが、即閉じられるのでどんどん順位は落ちていくはずです。

 

大事なのはそのキーワードで訪れた訪問者の

欲求を満足させるような、情報を提供することを意識するべきです。

 

現実ビジネスだったら、折角来てくれたお客さんには

最大限のサービスで、満足してもらいたいじゃないですか?

 

ネットビジネスもそれと同じで自分が稼ぎたいから

とりあえず、記事をアップするという思考は捨てて

どうすれば『面白い、役に立つ』記事が書けるかな?と考えるべきだと思いますよ^^

 

ここさえおさえて、継続して作業を続けていけば

何も結果が残せない、というのは避けられるはずです。

 

なかなか成果がでない・・・という方は参考にしていてください^^

 

それでは、水瀬でした。

 

PS

アフィリで稼ぐためには『集客力、コンテンツ力、商品選定力』

必要になってくるのですが、最初は全て同時にこなすのは難しいと思います。

 

もしいまからネットビジネスをやってみようと思うのであれば

集客力とコンテンツ力のみで収益が出せる

これらから始めて見ることを確実にオススメします。

超王道的ノウハウを見てみる

次世代型?アフィリエイトの手法とは?

おすすめの記事