キーワード選定の重要性と成約までの距離について

水瀬です^^

 

先日、実家に帰っていたのですが、実家で使っている炊飯器が
壊れたとか何とかで、両親と一緒に電気屋に新しい炊飯器を観に行ってあげたんですね。

 

見に行ってあげたとは行っても、炊飯器に詳しいわけでも
無いんですが、両親曰く、『東芝』の『備長炭』の炊飯器が
欲しいとのこと。

 

何でも、今までずーっと東芝製の炊飯器を使っていたから
やっぱり東芝のやつが使いたいみたいなんですね。

 

でいざ電器屋で、炊飯器をジーッと眺めていると
例の如く売り場の店員さんが、話しかけてくるわけですよ。

 

「何かお困りですか!」って言うあれですね 笑

 

特に困っている訳じゃ無いんですが、折角話しかけてくれたので
「東芝の備長炭のやつが欲しいんですけど・・・」と答えると

 

あれこれと、東芝製の炊飯器について語ったあと
「でも実はもっとオススメがあります!」

と更に高額な炊飯器を勧めてきたんですね。
南部鉄器のやつだったかな?・・・

 

でも、別に両親的には今まで東芝製の炊飯器をずっと
使ってきたわけ何で、東芝製が使いたいですし、
炊飯器にそこまで高機能な物を求めているわけでは無かったんですね。

 

つまり、コチラが求めている物と店員が勧めている物に
ズレが生じているわけです。

 

店員さん的には、高機能なものの方がおいしい米が炊けるから
一生懸命勧めてくれたという事なんでしょう。
(ノルマ達成の事もあるかも知れませんが 笑)

 

でも、両親的にはそこそこの値段で、そこそこのお米が炊ければ
まあOKと言う感じで予算以上は出したくない。

 

結局その後も「いやでも・・・絶対こっちのほうが」
「長く使う物ですし・・・」と中々店員の方も食い下がらなかったので
もう少し他を見てから決めます^^と言う事で他店で購入しました 笑

 

これって、現実の商売ではよくある事だけど
実はアフィリにおいてもかなり当てはまる部分ってあるんですよね^^

 

キーワードからの成約が遠いと物は売れない!

kiw-ado

 

アフィリで収益を上げていれば、当たり前の話なんですが
実はキーワードから成約までの距離が遠すぎて
アクセスが伸びても、殆ど収益になっていない。。。

 

というサイトって実は結構あったりするんですね。

 

結論から言うと、キーワードと売り出す商品やコンテンツに
大きなズレがあると、いくらアクセスが集まっても
成約までいかないんですよ。

 

情報発信者の中にはキーワードを全く見ないと言う人も
居ますが、僕からしてみればそれはあり得ないです。

 

だって、訪れている人が何を求めて、自分のサイトに訪れててきているか?
キーワードを見れば把握できるのに、キーワードを見ない
理由が無いからです。

 

今回の炊飯器の例で言えば、『炊飯器』『東芝製』『備長炭』
と言うキーワードで電器屋に訪れたわけですよ^^

 

それにもかかわらず、『南部鉄器』をある意味ゴリ押ししてきたわけです。

 

店員さん的には南部鉄器ものが一番オススメでおいしいご飯が炊けるから
オススメしてくれたんでしょう。

 

でもコチラが求めているのは、あくまでも東芝製の炊飯器なんです。

 

これがキーワードと打ち出すコンテンツ、商品のズレと言う事ですね。

 

このズレって、アフィリの世界でもかなーり多くあること何ですよ。

 

一例を挙げると「○○が熱愛か?!」というトレンド記事に
英会話のアフィリリンクを貼っても、ほぼ成約しないのは何となく理解出来るはずです。
(1日数十万PVとかあれば、1本くらい成約するかも知れませんが・・・)

 

でも逆に『英会話』『評判』というキーワードで呼び込んでいれば
当然英会話に興味ある属性の人が集まってくれているわけなので
数十、数百アクセスでも収益になるという訳です。

 

上の例はちょっと極端ですが、トレンド記事じゃなくても
『英会話』『最安』と言うキーワードで来ている人に
英会話の口コミをツラツラと書いても、反応は取りづらいです。

 

最安で検索する人であれば、値段が最重要項目なので
口コミとか書いても実は求めている情報とズレがあるので
思ったより反応が薄い場合も多くあるんです。

 

現実世界であれば、相手の顔が見れるので
反応がうかがえたりしますが、アフィリの場合は相手の顔が見えないからか
相手が求めていない情報を書きまくってしまうことって
すごく多いんです。

 

口コミでアクセス来ているのに、値段について
ずらずらと書きまくっているとかですね^^

 

キーワードと、コンテンツのズレがあると
書き手側からすると、良い情報を発信したなぁと
満足感があっても読み手側からすると、求めている情報が無いから
すぐに閉じられて違うページに飛んで行ってしまう。

 

と言う流れが出来てしまうんです。

 

自分が打ち出したい情報がある場合は
その打ち出したい情報は別ページで作ってそこにリンクを飛ばした方が
良い反応が取れる場合が多いですね^^

 

最安で訪れた人には、最安情報を与えておき
別で打ち出したいコンテンツがあれば
⇒炊飯器の口コミベスト3はコチラ!

 

という感じで流した方が良いと言うことです。

 

キーワードとコンテンツのズレは購入者さんの
添削する時もかなり多く見かけるので、注意していきましょう。

 

それでは水瀬でした^^

キーワードについて学ぶならこれが最強か

完全にバージョンアップしたまずは”確実”に10万を狙う企画

おすすめの記事