初心者がアフィリで稼ぐためにうってつけなノウハウの中に
トレンドアフィリなんかもありますが、中には
いざやる気になってパソコンの前に座ると手が止まってしまう・・・
そんな相談を受けることも多々あるんですよね。

 

確かにあちこちでは

「アフィリで稼ぐなら2000文字は書け!」

のような根も葉も無いような噂話レベルのノウハウが発信されていたりするから
たくさん書かないと・・・と感じるかもしれません。

 

でも、正直いって文字数云々よりももっと重要なのは
”訪問者に価値のある情報を与える”これ以外の何物でもないんですね。

 

この部分を履き違えて”ただ文字数を重ねればいい”
このような思考になるともはやアウト 笑

 

ただ馬車馬のように文字数を書いたにもかかわらず
思ったような成果も出ないで精神力を削られフェードアウト・・・

 

こういうパターンって結構あるんですよ^^;

 

という事で僕自身のデータやトレンドアフィリなんかで
荒稼ぎしている知人の根拠のある話から
本当に必要文字数について触れていきたいと思います。

 

アフィリで稼ぐために必要最低限の文字数とは?

まず結論からザックリ書くと今の時点で
アフィリ報酬が稼げていないのであれば1記事1000文字~
は最低でも必要だろうっていうのが僕の考えです。

 

記事の力加減を調節できるようになれば
700文字とかでも読み手に必要な情報を与えることもできます。

 

ただ、アフィリで稼げていない初心者の人が読み手に
それなりの情報を与えるには少なく見積もっても
1000文字くらいは書くべきですし、記事を書きなれていない
初心者が500文字とかで読み手を満足させられるか?と言えば無理なんですよ。

 

何十記事、何百記事と書いていくと
「この程度書けば上位にいくのか」
というような感覚が掴めるようにもなります。

でもそういう感覚がない状態で初めっから
700文字でOKとかそういう基準があると
間違いなくゴミ記事を量産して無駄な時間を過ごすことになります^^;

 

だからこそ、どんなに少なくても1000文字~は
目指しましょうっていう話です。

 

記事を書く目的を履き違えるな!

 

ここまで1000文字~書きましょうと説明してきたわけですが
そもそも文字数云々で語るべき話じゃないんですよ。

だって僕らが記事を書く目的って
”○○文字以上の記事を書く”事じゃなくて
”読み手に面白い価値があると思ってもらえる記事を書く”
これは間違いないはずです。

 

前回の記事でも少し触れましたが
Googleは1文字辺りの滞在時間を他のサイトと相対的に比較して
順位を決めている可能性が極めて高いといえます。

トレンドアフィリの順位が落ちる決定的な理由と2つのSEOとは?

 

というのも少し考えれば当たり前ですが文字数が多ければ
SEO的に有利という事であれば、それがアフィリエイターに
広まれば読者の事なんか2の次でとにかくボリューム重視の
記事を量産しまくりますよね。

 

これでは検索エンジン上にただボリュームだけが重視された
SEOの観点でしか考えられていない記事で溢れかえっちゃいますよね。

 

これはGoogleの理念から大きく外れるし
面白くもない役に立たない長文の記事ばかり上位表示されれば
「Googleは使えねぇ・・・」と検索ユーザーが離れて行くのは当たり前。

 

長けりゃそれだけ質が高いって単純な話じゃないです^^

 

質の高い記事なんてものは
記事のジャンル、狙うキーワード、読み手が求めている
情報の質などによって大きく変わるので一概には言えませんからね。

 

よく1記事に最低でも2000文字は書きましょうとか見かけますけど
無理やり引き延ばして2000文字書くとかじゃなく

”読み手に質の高い情報を提供しようと思ったら結果的に2000文字になった”

こういう意識で記事を書かくべきだと思いますよ。

逆に言えば”読み手に価値を与えられれば500文字でもいい”

 

現に700文字の記事とかでも数千文字の記事より
上位に来ることってメチャクチャありますから^^

 

ただこういうと500文字書けばOKと勘違いする人もいるし
初心者の人が500文字くらいで良い記事を書くのは
ほぼ不可能に近いので最低でも1000文字~目安で書きましょう
と冒頭で話したわけです。

 

読み手にいい情報を提供しようと思えば
大体1000文字は少なくとも超えてくるはずですからね。

 

それでは、少し参考にしてみてくださ^^

水瀬でした

文章が超絶苦手でも○○を使ってサクサク資産サイトを構築する手法とは?

文章が書けない人でもコンテンツが積みあがるパズル式ノウハウって?

文章が書けない、動画も作れないそんな人の為の完全他力本願ノウハウ

おすすめの記事