アフィエイトで稼ぐために必要な文章量とは?

こんにちは、水瀬です。

 

最近はネットビジネスを始める第一歩として

トレンドアフィリエイトを始める方も多くなってきたのですが

トレンドアフィリ実践者からの質問で、稀にあるのが

「1記事に何文字書けば稼げますか?」というもの。

 

確かに最初の間は『記事を書く』という行為自体がキツイと感じるので

文字数ばかりに気を取られてしまう気持ちも、よくわかります^^

 

ただ、何文字書けば、稼げるのか?という思考は

稼げないで終わってしまう

超危険な思考なのでちょっと、触れてみたいと思います。

 

以前の記事でも書いたのですが

稼げない人の共通点 ボリューム絶対主義者とは?

「量が多ければ多いほど価値があるだろ」という思考は

ある意味、思考停止状態に近い状態です。

 

1記事に必要な文章量とは?

1記事

 

まず、あちこちでは500文字は必要だとか1000文字は必要だと

言われていますが、はっきり言って文章量なんて何文字でもいいんですね^^

文章量=コンテンツ力では無いんです。

 

文章の量を基準に記事を書いていくと、特に最初に多いのですが

「今日は500文字書いたからいーや!」みたいな感じに段々なってくるんですね^^;

 

ただ考えてみて欲しいのですが、サイト訪問者は決して

長い文章が読みたいのではなくて

おもしろい、役に立つ記事が読みたいという事です。

 

いくら長々と文章を羅列しても、サイト訪問者に適した情報が

与えられなければ、「このサイトツマンネっ」となり

2度と訪れてくれなくなってしまいます。

 

現実のお店で例えるならば

お目当ての商品があると思って、店に立ち寄ったにも関わらず

店に入ってみると、質の悪い商品がズラーっと並んでいる状態。

 

お店からしたら、商品の量が自慢です!といくら言ったって

お目当ての商品が置いてなかったら、ガッカリしますよね。

 

現実だと当たり前なんですが、ネットビジネスとなると

バーチャルな世界と勘違いしてしまうのか

テキトーに記事をアップしまくる人も中には見受けられますね^^;

 

記事を読んでくれているのは

画面の向こうにいる人間というのを忘れちゃいけないです。

 

結局1000文字程度は必要

 

ここまで、文章量を基準にするなと書いておいて

「1000文字必要ってどっちなんだよ!」

という声も聞こえてきそうですが

サイト訪問者にそれなりに読んでもらおうとなると

必然的に自然と文章量が増えてくるんですね。

 

いい記事を書こうと思っていたら

いつの間にか文章が長くなっていた、みたいなイメージです。

 

同じ文章量の記事でも

1000文字書こうと思って、書いた記事と

読まれれる記事を書こうと思って、1000文字になったのでは

記事の質に雲泥の差があるはずです。

 

記事をアップしまくっているのに収益にならない・・・

という人は少し参考にしてみてくださいね^^

 

それでは、水瀬でした。

おすすめの記事