水瀬です^^

 

以前アクセスが集まらない原因について触れました。

「100記事書けばアクセスが集まる」は大嘘!アクセスアップの3大原則とは?

 

ただ、「アクセスは集まっているのに、成約が出ない」
という相談も貰ったので、今度は逆にアクセスが集まっているのに
成約が出ないパターンについて解説していきます。

 

今の時点でアクセスが集まってない!と言う人も予め
この3パターンを知ることで、あとから泣き寝入りすることも
無くなるので、確実に頭に入れておいてくださいね。

 

アクセスが集まっているのに成果が出ない3つ

キーワードが成約まで遠すぎる

 

一番多いのがこれ。キーワードが成約から遠すぎて成約が出ないパターンです。

 

基本的に成約から近い順に

・商品名キーワード 成約率高い

・悩み系キーワード 

・トレンド系キーワード 成約率低い

 

といった感じで呼び込むキーワードで成約率って大きく変わります。

 

一例ですが、ダイエットサプリを売りたいのに芸能系記事から
ダイエットサプリを売り込んでもほぼ成約しません。

 

これは誰でも理解出来るんですけど
芸能人が宣伝しているからと言って、その芸能人の記事から
宣伝しているサプリを売れる!と思う人もいるんですが
これもかなり遠いです。

 

芸能人が好きだからその記事に来たからと言って
その人がダイエット願望があるとは限りませんからね。

 

以前もちょろっと説明したんですけど、基本的には
成約から一番近いキーワードは商品名キーワードが
もっとも近い部類ではあります。

 

もちろん、商品と言っても複合キーワードで
メチャクチャ距離は変わりますが、それでも商品で
検索する人は「既にその商品を認知して、興味がある」
属性の人なので、悩み系などよりも近い事がほとんどですね。

商品名キーワードのメリットと3つの大きなデメリットとは?

 

ただ、成約率が高いのは誰でも分かるので
商品名キーワードは強豪アフィリエイターが被リンク当てて
強引にぶち上げているサイトも多いので
個人的に狙い目は悩み系キーワードで狙うのが最善ですね。

 

その商品に関連して居いる
悩みキーワード⇒LP⇒アフィリリンクという流れが
鉄板であり月数千万稼ぐ人もこの手法をとっているパターンが多いです。

 

キーワード選定が出来ないと言う人はまずはこちらから始めるべきです。

キーワード選定を”学びながら稼ぐ”教材

 

売れない商品を強引に売ろうとしている

 

これもなかなか多いんですけど、ライバルが
多く扱っているからと言ってニッチな商品を
売って行こうとするパターンもかなり多いです。

 

ただ、考えてみれば当たり前なんですが聞いたことのないような
商品を購入するよりも、みんなが良い!と言っている
商品の方が信用性も高いし、売れやすいんです。

 

商品名で検索しても、どのサイトも扱っていないような
商品よりも、どのサイトでも紹介されているような
有名な商品の方が売れやすいって事です。

 

例えばスマホを買おう!と思った時に
iPhoneを買うのとどこのメーカーか分からないスマホを買うのでは
信用性って全然変わるじゃないですか?

 

最初からある程度信用性のある商品を売る場合と
信用性が低い商品を売る場合だと、後者の場合は
より多くの文章で読者を納得させないと行けない訳ですよ。

 

これが中々難しいですし、それだったら最初から
信用性の高い商品を選定した方が楽~に売れます。

 

全く同じサイトでもただ、商品を変更しただけで
売上が3倍になるとかそんなことは普通にありますからね。

 

ランディングページがキーワードに沿っていない

 

商品キーワードの場合はLPとか不要ですけど
悩み系の場合は100%LPを設置するべきです。

 

良くあるのが、ただアクセスだけ集めておいて
アフィリリンクだけ貼ってあるパターンはメチャ多いですけど
そんだけじゃ、まず売れません。

 

良い商品があれば、冷静に商品について調べたくなるので
「直ぐに買いたくなる、今すぐにでも欲しくさせる」ような
ランディングページを用意しないとアウトです。

 

ただ、このLPについてもキーワードに合っていない
LPを設置しているパターンはかなり多いんですよ。

 

例えば「YouTubeアフィリ稼げる?」というキーワードで
アクセスが集まっているのに「トレンドアフィリが一番稼げます」
とヘッドコピーに設置すれば、まず間違い無く即離脱するはずです。

 

そうじゃなくて、自分が主張したいことよりもまずは
アクセスが一番多いキーワードに合わせたヘッドコピーで
引っかけてから、自分の主張を長々と書いていくんです。

 

YouTube アフィリで検索来ている人に対して
トレンドアフィリ売りたい場合は

 

・YouTubeアフィリは今後稼げなくなります

・YouTubeアフィリを今から始めるのは危険です

 

などなどYouTubeアフィリに関心を持っている人に
引っかかりそうなヘッドで興味を引きつつ
トレンドアフィリの利点をガーと書いていくのです。

 

YouTubeアフィリについて知りたがっている人に
初っ端から「トレンドアフィリが最も稼げます!」
とヘッドで書いても「興味ないわ~」で終わりです 笑

 

まずは自分の主張を書く前に相手の関心を寄せ無いと
どんなに良いこと書いても読んでくれませんからね。

 

「キーワードに合わせた、LPを設置する」
超重要なので100回くらい唱えても良いくらいです。

サイトの売上を10倍以上伸ばす「当たり前」の戦略

 

まとめ

 

アクセスが集まっているのに成果が出ないって人は
ほぼこのどれかに当てはまっています。

 

逆に言えばこれらの点さえ払拭すれば
誰でも稼げるとも言えるので、確実に抑えておきましょう^^

 

では水瀬でした。

⇒ランディングページや物販サイト構築を学ぶならコチラ

おすすめの記事